東海インターネット協議会(TIC)について

 特定非営利活動法人東海インターネット協議会は、平成14年(2002年)1月24日、特定非営利活動法人として申請し、5月末に法人登記を行い、特定非営利活動法人 東海インターネット協議会として前身の東海インターネットワーク協議会から生まれ変わりました。

 前身の東海インターネットワーク協議会(Tokai Internet Council : TIC)は、東海地区における電子計算機ネットワークの健全な発展のために、電子計算機間相互の接続(インターネットワーク)に関する技術水準の向上、およびその利用促進に寄与し、インターネットワークにより形成される産業、学術、文化などの諸分野における活動の支援を行なうことを目的として平成4年(1992年)7月3日に設立されたものです。

 特定非営利活動法人東海インターネット協議会の目的は、定款第3条に示すように「この法人は、愛知・三重・岐阜・静岡の地域市民(中小企業事業者と社員、学校・大学、身体障害者、等)に対して、インターネットの技術および利用に関する啓発・普及、インターネット接続技術および利用技術に関する研究・開発、学校教育へのインターネット利用の支援、障害者を支援するためのインターネット利用方法の研究・紹介、等の事業活動を行い、当地域におけるコンピュータネットワークの健全な発展を通じて、社会教育の推進に寄与することを目的とする。」としております。また、特定非営利活動の種類としては、定款第4条で、「この法人は、前条の目的を達成するために、次に掲げる種類の特定非営利活動を行ないます。

(1)情報化社会の発展を図る活動

(2)社会教育の推進を図る活動

(3)保健、医療又は福祉の増進を図る活動

 この法人の主な目的は(1)および(2)でありますが、障害者を支援するためのインターネット利用方法の研究・紹介を行なうため、(3)の活動を行う。」とうたっております。

特に(1)に追加された情報化社会の発展を図る活動は、平成14年(2002年)暮れに改正された法律に基づく活動であることを明記しておきます。

 現在は講座事業、インターネット安全教室、インターネット技術事業、シンポジウム、オープンソース・ソフトウェアセミナー、教育支援事業、産学連携事業等々の事業活動を行っております。
こうした活動にご興味があり、参加をご希望の方は、是非この機会に会員登録をお願い致します。

NPO法人東海インターネット協議会
理事長 中田 平

ご賛同いただいた方で、ご入会ご希望の方はこちらからどうぞ