2015年度活動計画

特定非営利活動法人東海インターネット協議会

平成27(2015)年度事業計画書

 

1 事業実施の方針

特定非営利活動法人東海インターネット協議会は、前年に引き続き、地域市民、中小企業事業者と社員、小中高のコンピュータ教育担当教員、身体障害者に対して、インターネットの技術および利用に関する啓発・普及、インターネット接続技術および利用技術に関する研究・開発、学校教育へのインターネット利用の支援、障害者を支援するためのインターネット利用方法の研究・紹介、等の事業活動を通じて、当地域におけるコンピュータネットワークの健全な発展に寄与することを目的とし、次の事業を計画実施する。

オープンソース関連団体との連携イベント、クラウドコンピューティング・ビジネス、EPUB研究、産学連携事業及びインターネット安全教室などを実施する。

 

2 事業の実施に関する事項

(1)特定非営利活動に係る事業

事業名 事業内容 実施予定日時 実施予定場所 従事者の予定人数 受益対象者の範囲及び予定人数 収入見込額(千円) 支出見込額(千円)
(1)TIC講座事業 OSC2015名古屋への参加、およびソフトウェア技術者協会名古屋支部などの東海地区の関連団体との共同開催で、オープンソースのビジネスへの応用を模索するために勉強会を2回程度開催する。 平成27年6月~28年3月 名古屋市内 講師4名程度 運営委員3名程度 オープンソースソフトウェアに興味を持つ会員および一般市民を対象。 各回50名程度の参加を予定。 0 54
(2)ビジネス応用事業 社団法人高度情報活用コンソーシアムと連携して、クラウドコンピューティングに代表される次世代インターネットを利用した新しいビジネス応用を研究し、東海地域における地域クラウド育成のための普及・啓蒙活動を実施する。 平成27年6月~28年3月まで 名古屋市内 実行責任者3名 両会員およびITベンダを対象。 100 50
(3)インターネット技術事業 EPUB研究会で2回の研究会を開催する。 

 

平成27年4月〜28年3月 名古屋市内 

あいちベンチャーハウス

実行責任者2名 会員および電子出版に関心ある関連企業を対象に、各回5〜20名程度の参加を予定。 0 0
月1回、年度内12回程度のEPUB研究会実践講座を開催する。
(4)TICシンポジウム事業 「中国インターネットの最新事情」ークラウド・ITからゲームまでーをテーマにシンポジウム開催 平成27年5月9日 名古屋市内 実行責任者3名 一般市民対象50人を予定 0 90
(5)産学連携事業 学生団体ConvivialNetと連携してサーバ運営会社のインキュベーション事業を支援する。 平成27年4月〜28年3月 愛知県内 実行責任者2名 0 0
(6)教育支援事業 IPA(独立行政法人情報処理振興機構)の事業を、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)との共催にて、「インターネット安全教室」愛知会場の開催。「TICセミナー」を併設して主催。インターネットを安全につかうための心構え、知識を一般市民に講習する。 平成27年6月〜28年3月まで(継続事業) 愛知県内 実行責任者5名 一般市民100名 0 70
JNSAが企画する講師トレーニングの開催 平成27年6月〜28年3月までで1回 未定 実行責任者3名 0 0

(2)その他の事業

なし